北海道ラグビーフットボール協会公式ページ。ラグビーワールドカップ2019・速報・試合結果・スケジュール・イベント・合宿・チーム情報などラグビー情報の発信

北海道協会について

定款 

第1章 総則

(名称)
第1 条 当法人は、一般財団法人北海道ラグビーフットボール協会と称する。
英文ではHokkaido Rugby Football Union( 略称HRFU) と称する。

(主たる事務所)
第2 条 当法人は、主たる事務所を札幌市に置く。

(組織構成)
第3 条 当法人は北海道内に函館・胆振・小樽・札幌・空知・富良野・旭川・十勝・根釧・北見の10 支
部を置き、これを統轄する。


 

第2章 目的及び事業

(目的)
第4条 当法人は、ラグビーフットボールの普及振興に関する事業を行い、その健全なる発達を図るとともに道民体力の向上と明朗なスポーツマンシップの涵養につとめ、もって社会文化の向上発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第5条 当法人は、前条の目的に資するため、次の事業を行う。
    (1)競技会の主催及びその主管
    (2)競技会の指導及び斡旋
    (3)競技規則の解説及びその普及
    (4)レフリーの養成、指導及び派遣
    (5)競技資料の配布
    (6)ラグビーフットボールに関する調査、研究及び情報の蒐集
    (7)記録の収録及び保管とその保存
    (8)競技者の保健、安全対策に関する事項
    (9)ラグビーフットボールの宣伝及び普及
    (10)市・区・町・村協会の事業についての指導、管理
    (11)その他当法人の目的に必要な一切の事項

(公告)
第6条 当法人の公告は、官報に掲載する方法により行う。


 

第3章 資産及び会計

(設立者の氏名及び住所並びに拠出する財産及びその価額)
第7 条 当法人の設立に際して設立者が拠出する財産及びその価額は、次のとおりである。
設立者 北海道ラグビーフットボール協会 会長 田尻稲雄
拠出財産及びその価額  現金 4,564,096円

(基本財産)
第8 条 前条の財産は、第4条の目的事業を行うために不可欠な基本財産とし、やむを得ない理由によりその一部を処分しようとするとき及び基本財産除外しようとするときは、あらかじめ評議員会において議決に加わることのできる評議員の3分の2以上に当たる多数の承認を受けなければならない。

PAGETOP